排卵検査薬ってなに?

排卵検査薬ってなに?

毎月1度、およそ28日周期で排卵が起こります。

28日という周期はおおよそのもので、人によって変わってくるものなのです。

こういった周期を理解することで、生理予定日を知ることができたり、妊娠を望む方であれば契約が立てやすくもなります。

ですが、自分自身の周期は大体わかっても正確には分かりませんし、体調などのよっては変わってくることもあります。

自己判断だと予定外に妊娠してしまったりという事もあります。

正確に知るためには排卵検査薬を使用するのがおすすめです。

排卵検査薬の仕組みとしては、排卵直前に分泌されるLHと言われる黄体形成ホルモンを認識。

そしてその数値が上昇のを確認する事で排卵の特定ができます。

通販やドラッグストアなどで市販されている多くの排卵検査薬の使い方は、妊娠検査薬と同じように尿をかけることによって線が表示されることで結果がわかります。

線が薄ければLH分泌が少ない段階で、これが濃い場合はLH分泌が増えて排卵が近いと判定できます。

使い方も簡単で結果も分かりやすいので、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

通販購入できる排卵検査薬

今は「妊活」や「ベビ待ち」という言葉があるくらい、妊娠を望む方がいろいろとコントロールをするようになってきています。

その背景にはストレスが多い社会で生理バランスが崩れてきたりと言う要因も考えられます。

妊娠を望むのなら、自身の排卵日を正しく知っておく事が大切と言えます。

毎月1度排卵が起こり、それは個人差がありますが28日周期と言われています。

卵巣から出てきた卵子が子宮内で生存できるのはごく限られた時間しかありません。

そこを逃すとまた次の排卵を待つことになります。

正しく知るためには排卵検査薬の使用がおすすめです。

最近では排卵検査薬ですが各社それぞれ特徴があるのです。

排卵検査薬の長所短所

今はドラッグストアなどでも購入できますが、通販でも扱っていますので人目を気にせず購入ができます。

いろいろなメーカーから出ていますが、排卵検査薬の基本的な使い方などは大きくは変わりませんが、見やすさや価格、目的で排卵検査薬を選ぶようにしましょう。